本文へスキップ

愛媛県南予唯一の看護専門学校です。

電話でのお問い合わせは
 TEL.0895-22-6611


〒798-0025 愛媛県宇和島市伊吹町甲594番地3

学校紹介Introduction

学校長挨拶

方針イメージ

 ナイチンゲールは『看護覚え書き』(Nightingale/薄井・小玉、1859/1994)で次のように言っています。
「英国では、女性の誰もが、あるいは少なくともほとんどすべての女性が一生のうちに何回かは子どもとか病人とか誰かの健康上の責任を負うことになる。言いかえれば女性は誰もが看護婦なのである。日々の健康上の知識や看護の知識はつまり病気にかからないような、あるいは病気から回復できるような状態に体を整えるための知識はもっと重視されて良い。こうした知識は誰もが身につけておくべきものであって、それは専門家のみが身につけうる医学知識とははっきり区別されるものである。」

 今、少子高齢社会にあって、人々の健康に対するニーズは高まり、医療、看護に対する期待も大きくなっています。
 看護職を目指す皆さんは、1人の生活する人間としての成長はもとより、より多くの専門的知識、技術、態度を身につけることが期待されます。
 宇和島看護専門学校は、設置主体である公益財団法人正光会の設立の理念「病める人々と手を取り合って共に歩む」という「人間愛」を基盤に、自己と共に他者を大切にする心と態度を養い感性豊かな人間性を育てることを教育の基本としています。
 当校は、地域の医療機関等のご支援ご協力のもと、学校のある宇和島医療圏の中で看護を学ぶことができる環境にあります。
 3年間の学生生活で、色々な年代の人たちと議論し、刺激し合い認め合って成長していくことができます。
 看護に興味のある方、看護職を志している方、あなたの夢に向かっての第一歩を当校で踏み出してみませんか?

                  宇和島看護専門学校長 二宮 由美子
     

沿革

 本校は、平成7年4月に財団法人正光会(平成25年10月公益財団法人正光会へ移行)を設置主体として3年課程の昼間制の看護専門学校として開校しました。

 当時、医療の高度化・専門化は著しく、また、少子・高齢社会を迎えて、保健・医療に対する社会のニーズは一段と多様化していました。宇和島圏域においても人口の減少や高齢化が進み、地域医療における在宅での看護や介護に人々の関心が高まってきていました。そのような背景の中で、看護に関する幅広い能力を備えた、資質の高い看護師を育成する看護学校の設立が望まれたのです。その後現在まで多くの卒業生を送り出し、主に南予医療圏を中心に活躍しております。

 そして平成21年度からは、社会の看護職への期待の一層の高まりに対応すべく、看護の実践力を強化した新カリキュラムを編成し教育の充実を図っているところです。


校章

校章

 校章は、青色に白環が二つ、「S」という文字で結ばれた図案となっています。青は万物を抱く無限の大空を表し、そこに浮ぶ二つの白い環は柔らかい無垢の雲を表しています。

 その雲の白は、ナースの純白・高潔な心を、丸い形は、角のない優しい心と人の和をイメージしました。一つの環が看護の対象となる人々、もう一つの環が、その人々を支える人たちで、この二つの環が、設置主体である公益財団法人正光会のイニシャル「S」で結ばれ、限りない空に包まれているという構図です。

 なお、「空と雲」は、病める人々と手を取り合って共に歩むという正光会の理念を、悠久の自然としてシンボライズしたものです。


校歌

                                   作詞 篠崎充男 作曲 小川美智子

 1 和霊(われい)の森の 緑濃く   オレンジ育む 段畑(だんばた)さやか
   人の光と なるために       自(みずから)ら学ぶ 深き英知を
   人の護(まも)りと なるために  自ら学ぶ  看護(みとり)の道を
   輝け輝け わが学(まな)び舎(や)

 2 鬼城(きじょう)の山脈(やまなみ) 雲白く  パール育(はぐく)む 筏(いかだ)の海に
   人の光と なるために   自ら磨(みが)く 正しき技術(わざ)を
   人の護りと なるために  自ら磨く 看護の道を
   輝け輝け わが学び舎

 3 城の天守(てんしゅ)の 空青く  人々育(はぐく)む 歴史は永遠(とわ)に
   人の光と なるために   自ら覚(かく)す 尊(とおと)き生命(いのち)
   人の護りと なるために  自ら覚す 看護の道を
   輝け輝け わが学び舎

                        

学科

 看護学科(看護師3年課程・昼間) 入学定員 1学年40名(男女) 修業年限 3年

教育理念

 正光会の理念である「病める人々と手をとりあって共に歩む」という人間愛を基盤として、自己とともに他者を大切にする心と態度を養い、感性豊かな人間性を育てる。

 看護の対象である人間を総合的にとらえ、あらゆる発達段階、健康状態にある人々の個別性に応じた看護が実践できるように、専門的な知識や技術とともに科学的な思考力と判断力を身につける。

 さらに、常に変動する社会情勢や医療に対応できるよう自己研鑽し、保健・医療・福祉に貢献できる看護の実践者を育成する。

教育目的

 豊かな人間性を養い、看護師として必要な知識・技術・態度を修得し、社会に貢献できる人材を育成する。

教育目標

 1) 生命の尊厳と個々の人格を尊重する態度を養う。
 2) 看護の対象である人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として幅広く理解する能力を養う。
 3) 看護師としての責務を自覚し、倫理に基づいた看護を実践する基礎的能力を養う。
 4) 健康状態に応じた看護を科学的根拠に基づいて実践するための基礎的能力を養う。
 5) 保健・医療・福祉システムにおける看護の役割を理解し、他職種と連携・協働する基礎的能力を養う。
 6) 共感的態度をもち、対人関係能力を身につけて人間関係を深めることができる。
 7) 専門職として自己啓発する姿勢が身につく。

学年別目標

 第 1 学 年
 @ 人間の生命の尊さについて認識できる。
 A 健康な人間と人間の生活について理解できる。
 B 看護の概念を学び、看護の役割を理解できる。
 C 看護に必要な基礎的知識・技術・態度を学び、日常生活の援助ができる。
 D 社会の出来事に関心を持ち、社会人としての視野を広げる。
 E 学校生活の中で人間関係のあり方・対人関係技術を学び、コミュニケーションがとれる。
 F 主体的に学習する姿勢を身につける。
 G 日常生活の基本的行動がとれる。(挨拶・健康管理・時間厳守・報告・連絡・相談・倫理的行動など)

 第 2 学 年
 @ 生命の尊厳、人格の尊重が看護のベースになることが理解できる。
 A 健康障害をもつ人々とその家族を理解し、健康状態に応じた日常生活の援助ができる。
 B 保健・医療・福祉に関する社会の動向やニーズに関心をもち、保健・医療・福祉システムにおける看護の役割に
  ついて考えることができる。
 C 対人関係を通して自己および他者の理解を深める。
 D 集団生活の中で自己の役割がわかり行動ができる。
 E 看護学生としての自覚を深め、主体的に学習ができる。

 第 3 学 年
 @ 人々のQOLを尊重した行動がとれる。
 A 多様な価値観を認識し、人々に共感的態度でかかわることができる。
 B 看護師としての責務を自覚し、倫理的な看護実践ができる。
 C 対象が生活している場において、健康や障害の状態に応じて科学的根拠に基づいた看護が実践できる。
 D 保健・医療・福祉の連携の中での看護の役割を理解し、他職種と協働できる。
 E 自己の看護観を明確にすることができる。
 F 専門職業人として自己を啓発するための学習活動に取り組むことができる。

カリキュラム

  カリキュラム [pdfファイルです。ご覧になるにはAdobeReaderが必要です]

シラバス

 [pdfファイルです。ご覧になるにはAdobeReaderが必要です]  

基礎分野
 教育内容  科目名
科学的思考の基礎

人間と生活、社会の理解
心理学
人間関係論
社会学
教育学  
情報科学T(情報科学)
情報科学U(情報処理)
生活科学
スポーツ・健康科学
文学
英語T(英語)
英語U(英会話)

専門基礎分野
 教育内容  科目名 
       人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進             
解剖生理病態学T(解剖生理総論・骨格筋) 
解剖生理病態学U(病理総論・呼吸器)
解剖生理病態学V(循環器) 
解剖生理病態学W(消化器)
解剖生理病態学X(脳神経)
解剖生理病態学Y(血液造血器・腎泌尿器) 
解剖生理病態学Z(内分泌・女性生殖器)
解剖生理病態学[(感覚器) 
生化学 
栄養学
薬理学 
微生物学
臨床検査  
リハビリテーション論
    健康支援と社会保障制度 保健医療論
公衆衛生学
社会福祉 
関係法規

専門分野T 
 教育内容  科目名
基礎看護学 看護学概論
看護倫理
基本技術
看護過程
フィジカルアセスメント
日常生活援助技術T(活動休息安楽・呼吸循環体温)
日常生活援助技術U(食事・排泄)
日常生活援助技術V(清潔・環境)
診療の補助技術
経過別・治療処置別看護
手術・救急集中治療と看護
看護研究
臨地実習 基礎看護学実習1
基礎看護学実習2

 専門分野U
 教育内容 科目名
成人看護学 成人看護学概論
成人保健
成人臨床看護T(呼吸器・循環器)
成人臨床看護U(消化器・血液造血器・免疫)
成人臨床看護V(運動器・脳神経・腎泌尿器)
成人臨床看護W(内分泌・女性生殖器・感覚器)
看護過程演習
老年看護学 老年看護学概論
老年保健
老年臨床看護
  小児看護学 小児看護学概論
小児保健
小児臨床看護
 母性看護学 母性看護学概論
母性保健
母性臨床看護 
    精神看護学 精神看護学概論
精神保健
精神臨床看護
       臨地実習 成人看護学実習1
成人看護学実習2
成人看護学実習3
老年看護学実習
小児看護学実習
母性看護学実習
精神看護学実習

 統合分野
 教育内容 科目名 
    在宅看護論 在宅看護概論
在宅看護方法
在宅看護技術
    看護の統合と実践 看護管理
医療安全
看護技術の統合T(基本的援助技術の統合)
看護技術の統合U(看護技術の実践)
  臨地実習 在宅看護論実習
統合実習

卒業後の取得資格

  看護師国家試験の受験資格 保健師助産師学校の受験資格 大学の編入学受験資格 専門士の称号付与

実習施設

 (病院)
   市立宇和島病院、公益財団法人正光会 宇和島病院、JCHO宇和島病院 

 (病院以外の実習施設)
   宇和島市役所、宇和島市地域包括支援センター、宇和島保健所、宇和島医師会訪問看護ステーション
   指定訪問看護ステーション やすらぎの杜
   大浦保育園、みゆき保育園、JCHO宇和島病院附属介護老人保健施設、宇和島市介護老人保健施設 オレンジ荘
   宇和島市介護老人保健施設 ふれあい荘、社会福祉法人正和会介護老人保健施設 やすらぎの杜

   

学費


平成28年度入学者まで
   入学金 授業料 教材費 実験実習料 施設整備費
1年次  \150,000. \390,000.  \30,000.  \30,000  \50,000.  \650,000. 
 2・3 年次   \390,000. \30,000.  \40,000.  \50,000.  \510,000. 

平成29年度入学者より適用
   入学金 授業料 教材費 実験実習料 施設整備費
1年次  \150,000. \450,000.  \30,000.  \30,000  \80,000.  \740,000. 
 2・3 年次   \450,000. \30,000.  \40,000.  \80,000.  \600,000. 
上記の他に、入学時に教科書代、実習用看護衣代等が必要です。

奨学金 日本学生支援機構 ・ 正光会奨学金等



実務経験のある教員等による授業科目一覧

[pdfファイルです。ご覧になるにはAdobeReaderが必要です]

実務経験のある教員等による授業科目一覧

高等教育の修学支援新制度 確認申請書(様式第2号)


Uwajima Nursing College
宇和島看護専門学校

〒798-0025
愛媛県宇和島市伊吹町甲594番地3
TEL 0895-22-6611
FAX 0895-22-1588